セブ島留学 語学学校

『セブ島留学学校選び』留学先に日本人が少ない方がいいのかどうか考察してみた

ここでは、セブ島留学で英語を伸ばすためには日本人がいない学校を選ぶべきか否かを考察していきたいと思います。

僕自身2度のセブ島留学を経験してきて、2つの学校共に日本人が多い学校に入学しました。

その中でやはり留学生の中には「日本人が多いからダメだ」とか言う人もちらほらいます。

では本当に日本人がいない方が英語が伸びるのか?日本人がいない方が留学生活は充実するのか?と言うことに関して色々考えていきたいと思います。

僕のセブ島留学時代の入学式の様子。

韓国資本の語学学校を選ぶとどうなるか

セブ島には主に日本人が経営している学校と、韓国人が経営している学校があります。

日本人が居ない環境を求めるのに1番手っ取り早い方法の1つがこの韓国資本の学校を選ぶと言う選択肢となるわけです。

当然韓国資本の学校を選んだことのメリットとして『日本人が居ない、少ない』環境が手に入ります。しかし、こういったデメリットもあり、

  • 韓国人は普段母国語を話すので英語漬けと言うよりは韓国語漬けの生活
  • 生活面で文化の違いから衝突しやすい
  • 韓国人グループに溶け込むにはそれなりの勇気がいり、疎外感を感じやすいケースも
  • 食事面で、日本人にあった味が提供されない
  • 英語に慣れていないと書類手続きに関する質問も全て英語でしないといけないので大変

人間関係の部分は自分次第かもしれませんが、日本人に対する理解が少ない環境で順応するのは大変かなと思います、、、

日本人がいる学校でも充分英語環境を作れます

セブ島のITパークにある『muaythai cebu』と言うジムで国際交流した時の写真

学校の事情にもよりますが、学校に言えば外国人だけの部屋にしてくれる事があります。

他にもプライベートでムエタイなどの活動に参加して現地の友達も出来ました。

僕がかつて在籍していた学校では、台湾人の留学生と交際してうまく台湾人グループに溶け込んでる日本人女性や、普段から外国人とつるんでる日本人を見かけました。

話し相手が日本人でも決して日本語を使わず、留学中終始英語のみを話す留学生も!

放課後に『HELLO TALK』と言うアプリを使って現地の友達を作って英語環境を作ってる留学生もいます。

そして1番いいのが学校の先生と課外でも仲良くなることです。学校側も先生との交流を推奨しているところもあり僕が通っていた学校もそうでした。

先生なら雑談しながらも上手く生徒さんの英語を矯正してくれますからね。

学校の先生たちとカラオケ行った時の写真

イングリッシュオンリーポリシーの学校を選ぶ選択肢も

イングリッシュオンリーポリシーと言うのは、課外においても『母国語禁止、英語だけを話せ』と言うルールを作っている学校で、そこなら例え日本人が多い学校でも恥ずかしがらず英語が話せる環境ができます。

ですが僕の知り合いで過去にイングリッシュオンリーポリシーの学校に留学経験を持つ方がいまして、その方曰く、外に出たら日本語を話す人も多いとのことです。

ですが僕の意見といたしましては、そこはケースバイケースで良いのではないかと思います。

僕の留学経験から言わせてもらいますと、英語漬けの生活もはっきり言って気が滅入りますから。

結論

結論といたしまして、日本人が多い、少ないに関して英語環境を作れるか、英語を上達出来るのかなどはハッキリと言って全て

自分次第でございます

確かに僕の経験上でも日本人が多いと日本語を普段から話してしまいますが、、

でも僕は日本人が多い環境でも積極的に外国人との交流に努めました。

留学の目的は人それぞれで、例えばTOEICやIELTSのスコアアップなどの試験対策が目的の方は特に日本人を気にする必要もありませんしね。

セブ島留学では日本と違う環境、同じ日本人でも今まで出会った事がない価値観を持った方とも会えます。そして沢山の外国人との繋がりを持てるチャンスも沢山あります!

確かに学校選びも重要ですが、肝心なのはそこで自分が何をしたか、の方がはるかに重要です。

  • 留学して英語を話せるようになる
  • 試験対策
  • ワーホリでローカルジョブゲット
  • 沢山の繋がりを作る
  • etc

色々な目的があると思いますが、それはどの学校にいようが、日本人が多かろうが自分が強く念じていれが叶うと思います。

この記事が少しでも参考になったと思ったらポチッとして貰えたらありがたいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報
にほんブログ村

タグ

Contact Form

固定ページ

ブロックしたスパム

固定ページ

カテゴリー

お勧めします

  • この記事を書いた人
アバター

エイジ

自由人。日本の狭い社会が嫌になり思い切って海外に飛び出して好きな事やってます!  今はセブ島留学にワーキングホリデー, 日本ではリゾバを楽しんでます。

-セブ島留学, 語学学校

Copyright© エイジの自由な生き方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.